スポンサーリンク

27歳独身で正社員を辞めた話。

こんにちは。maruです。

今回は自分の喫茶店、カフェを持ちたい!という夢を持ちつつも、

遠回りばっかりして5月いっぱいで正社員を辞める話をしたいと思います。

同じような悩みを抱えている人も多かったりするのかな?

同世代の人がいれば、語り合いたい次第でございます。

 

今現在、カフェで管理栄養士(正社員)として働いていますが、

5月いっぱいで辞めることにしました。

一番の理由は「会社に管理栄養士の名前を利用されているのが嫌だった」です。

(有給もつかず、残業代も出ないというのもありますが。笑)

詳しい内容は、後々書いていきますね。

 

 

小学生の頃から料理が好きで、

中学生の頃には自分のお店を持ちたいと思っていました。

経営学を学びたくてその大学の推薦枠が一番多い高校に進学。

(なぜまず経営を目指したかは永遠の謎です。笑)

進学したはいいものの、

食に関わるなら食べ物のことをまず知りたい。よし、管理栄養士になろう。

と、大学は管理栄養士養成校に通っていました。

この時点で相当な遠回り思考。

今思えば、この時から夢を追いかけているフリして逃げていたのかな、と反省しています。

 

大学を卒業して、

「お店を出すにはお金が必要だ!」と思い、

管理栄養士の仕事ではなく、給料の良いお寿司屋さんに就職。

これが本当に精神的・体力的にきつくて半年しか持たなかったです。

時間外の労働時間が月約200時間。毎朝泣きながら出勤準備をしてました。

今だから笑ってしまうような環境だけど、あの時はこれが普通だと信じていて、

こんなので弱音を吐くのが恥ずかしいとまで思っていました。

まるで宗教だった・・・新卒の皆さん、気を付けてね。

 

新卒1年目で退職してからは、保育園や市役所で管理栄養士として働いて4年。

「やっぱり自分のお店を持ちたいからカフェで働こう」と決めた2021年の9月から、

飲食店に管理栄養士(正社員)として転職しました。

 

そこで思ったこと。

「飲食店での正社員は二度とやらん。

 管理栄養士は名前を利用されるために取った資格じゃない。」

です。笑

いや、ほんとこれに尽きる。

管理栄養士がやっているお店って確かにイメージはいいけど、

私にももちろん上司がいて、

必ずしも健康や栄養面、味に納得したメニューが並んでいるわけではないのが現実でした。

けれども表向きには「管理栄養士がやっているお店」。

これって、お客さんを騙している?そんな気持ちで半年間過ごしていましたが、

素直だけが取り柄の私。嘘はつきたくない。そしてつけない。

あ、この管理栄養士としての私、好きじゃないな。

と思い、5月いっぱいで正社員を退職することにしました。

 

5月も中旬を過ぎて6月目前。

正直、私ちゃんと生きていけるのかなあ。と不安な気持ちはあるものの、

「会社に雇われずに自分で稼いでいく。」という軸は決まりホッとしている自分もいます。

今は、貯めまくっていた本当に美味しい。作ってみてー!と思ったレシピを

少しずつ公開して、形に残していきたいです。

過去の私と、応援してくれている周りの人に恥じない管理栄養士になりたい。

良ければ料理レシピのカテゴリーも覗いてみてください。

 

では、見て頂きありがとうございました( `ー´)ノ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました