スポンサーリンク

運命の一冊に出会える、本の探し方7選

おうち時間が増える季節になってきました。


「読書したいけど、読みたい本が分からない」

「似たような本ばかり読んでいて、もっとジャンルの幅を増やしたい」

という方に向けて、年間100冊以上の本を読む私が「読みたい!」と思える本の探し方を、7つ提案させて頂きます!

探し方を変えるだけで、思いもよらなかった素敵な1冊との出会いがあります。そんな感覚をぜひ味わってください。

1.今の悩みから探す

「今、自分が抱えている悩みの答えは全て本の中に書いてある」という言葉を聞いたことはありませんか?
これ、本当にそうだなぁと思っていて、自分の悩み事は大抵昔の人も悩んでいて答えまで出ています。
それならその知恵を借りない手はありませんよね。

哲学者が大抵のことは解決してくれているので悩むことに時間を使う必要がなくなる一冊。

漠然とした不安や悲しみを抱えている時に救われた本。
お守りのような存在になってくれます。

私も、毎日時間が足りなくて余裕がない!という時期にミニマリストさんの本を読んで物を減らすことで、実際に時間が増えたという経験があります。
→『私がミニマリズムから学んだ5つのこと。』

2.憧れの生き方から探す

「こんな生活がしたい」「こんな考え方で生きていきたい」という憧れで本を選ぶこともよくあります。

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』

難しいことを考えずに、もっとシンプルな考え方で生きていけたら良いのにと思った時に読んだ本。
世の中色々あるけれど、その中でも自分の『大切』を見失わないための軸をちゃんと心に持っていることが、『シンプルに生きる』ということだったんだなと思いました。
気になる方はこちらの記事もどうぞ→『フィンランド人から学ぶ、シンプルな生き方

「くりかえし」の家事を楽しむ小さな工夫

丁寧な暮らしをしたいな、と思うきっかけになった本。
毎日の積み重ねが人生です。良い暮らしは良い人生。そのヒントがたくさん詰め込められた一冊。

コメント

タイトルとURLをコピーしました